2009年04月09日

スレート系の屋根いろいろ

屋根にもいろいろな種類がありますが、ここではその中でもスレート系のものを紹介していきます。

そもそもスレートとは、玄昌石のような粘板岩のことをさします。

スレート系の屋根は石綿や無石綿、コンクリート、天然、スレート瓦など様々なものがあります。

石綿スレート葺きの屋根は、セメントと石綿を主原料とし、野地板の上に下葺き材を葺き、

そのうえに亜鉛メッキの釘を打ち込んでいきます。

天然スレート葺きの屋根は、その名の通り天然の粘板岩を使用します。

スレート瓦葺きの屋根は、セメントと石綿を混合して作られた、薄い瓦を屋根にしていきます。

また石綿(アスベスト)は現在は使用できなくなりましたので、新しいものには無石綿のものしかありません。

posted by すれ at 21:30| Comment(0) | スレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。